スピーカー

業者を選ぶ基準

有線放送の契約先は、大手と地元密着型のCS放送の代理店が主に考えられます。大手にはチャンネルが多くて音楽放送のノウハウが蓄積されていることで、地元密着型は地元特有の放送があったり、映像を流す場合には向いています。

楽器

現在も人気のある理由

昔は有線放送しか店舗にBGMを流す手段がなかったため有線放送が主流なのは当然ですが、現在では他の手段がたくさんあるのに有線放送の人気は衰えていません。それは、これまでの経験から助言をすることができ、チャンネルや機器配置まで相談にのってくれます。

男女

著作権の取り扱いに注意

店舗で流すBGMには全て著作権料の支払いが必要ですが、有線放送では事業者が店舗にかわって著作権料を支払ってくれているので著作権を気にする必要がありません。有線放送にはたくさんのチャンネルがあるので、1つのチャンネルだけ流すのではなく、タイミングにあったチャンネルを選ぶようにしてください。

音符

メリットの多い業務用音楽

有線放送を使うと自分でCDを購入するよりも結果的に費用は安くなることも多く、著作権料も支払われているので安心です。BGMだけでなくアナウンスも有線放送にあり、聞き取りやすいことから人気になっています。

スピーカー

設置までの流れ

有線放送を引くまでの流れは、ひとつの事業者に決めるのに複数の業者から提案と見積もりをもらってください。ひとつに決めたら、工事日を決めて工事当日は提案通りに設置できるかを確認してください。リクエストなどのアフターフォローも業者決定で重要です。

昔から店舗BGMの中心

握手

音楽品質が安定

店舗に流すBGMは有線放送が定番でしたが、新たに出店する時には工事費がかかったり、月々の利用料もかかるから別の方法がないかと思案しがちです。しかし、昔からある有線放送がいくつものメリットがあることから今もなお店舗BGMの中心にいるのです。近年では、有線放送でも衛星回線や光ケーブルを使った放送が多くなっていますが、公共の回線のためにアクセス数が極端に多くなったり、悪天候のときには通信が途切れてしまい、音楽を聞くことができなくなってしまいます。一方専用線を使った有線放送であれば、安定して通信ができるので、どんなときでも高品質なBGMを流すことができます。もし、ケーブルが切断されてしまうような事故があったときでも、電話線や電線よりも責任の所在が明らかになっていることから速やかに復旧してくれる実績があります。有線放送事業者は長年培ってきた店舗でのBGMの経験から新たに店舗を開店するオーナーに有効な助言を与えてくれます。スピーカーやチューナーのような機器を開店時に用意すると開業資金に負担がかかってしまいます。そこで有線放送事業者の中には、初期投資費用がかからないようにスピーカーなどの機器をレンタルで提供してくれます。またお店の雰囲気や顧客の層から最適なチャンネルを紹介してくれたり、機器の最適な場所を提案してくれたり、リクエストで新たな番組を作成してくれることもあります。様々なメリットがあるので、現在でも有線放送が店舗でメインのBGMになっているのです。